このページもhtmlの知識無しで作成・更新できる「誰でも更新スマホ対応WEB」で作成されています
このページもhtmlの知識無しで作成・更新できる「誰でも更新スマホ対応WEB」で作成されています

株式会社海岸線は、情報提供で可能性を広げる、IT企業です

株式会社海岸線は、情報提供で可能性を広げる、IT企業です

Topページ > 電子カルテシステム ドクターアシスト

電子カルテシステム ドクターアシスト

患者さんに若いお医者さんだ…大丈夫かな…って言われるんです…医師にも助けてほしい時がある…
医師歴30年のベテラン先生と、医師になりたての先生が同じ診療代っておかしいですよね?
電子カルテシステム「ドクターアシスト」の特徴

特徴1

診療内容のデータベース化により、症状検索で、過去導き出された病名がそれぞれ%表示(病名ごとの割合)で表示されます

特徴2

病名や処方薬の間違いや揺らぎを防止するためにオートコンプリート機能搭載※例えば病名や処方薬の名前の一部を入力すると、それに合致した正式な病名、正式な処方薬名がリストされます

特徴3

クラウド対応ですので、離れた場所にある診療所との情報共有も可能です

特徴4

SSLによるセキュリティで、患者の情報もガッチリガードします

遠隔診療システムの構成図

遠隔診療システムの構成図

遠隔診療システムの構成図

★医師・病院側のメリット

患者の写真を日付で検索可能で、時系列に写真を並べ、経過を見る事が出来る

クラウドシステムなので複数の医師または、離れ離れの医師同士で患者の情報共有が出来る

患者と画像を共有しているので不明な部分の確認など画像で確認しあえる

クラウドシステムなので急診の対応も可能

クラウドでのシステムなので海外でもどこでもインターネットがつながっていれば診療する事が可能

★患者側のメリット

医師とスマートフォンでつながっている…という安心感がある

例えば毎日の診療でも、スマートフォンによる最小限の操作で撮影しアップロード可能な為、患者さんの負担が少ない

写真で聞きたい事があれば、医師と画像をリアルタイムで確認しあえる

クラウドでのシステムなので海外でもどこでもインターネットがつながっていれば診療してもらう事が可能

クラウドシステムなので急診の対応も可能

遠隔診療の必要性が迫ってきました

遠隔診療は医者のいない不便な所でだけ活躍するのではありません。

都市部における遠隔診療も期待されています。
患者に対する医師不足解消はもとより、患者に対して適切な診療機会を持ってもらう事により病状悪化を防ぎ、かつ医療費の抑制も果たせます。

政府は社会保障と税の一体化改革において、高齢者の急増に伴い増加する医療需要に対して在宅医療の推進を掲げています。

訪問診療を行っている医師のメリットとして、現在保険診療上、最低月2回の訪問診療が必要ですが病状が安定している患者に対して実際の訪問診療の回数を減少させることが認められれば、一医師においてより多くの患者を診療可能な状況が生まれる。

2017年4月14日の総理大臣官邸での「未来投資会議」では以下のように明言されています。

病気になった時、重症化を防ぎ回復を早めるため、かかりつけ医による継続的な経過観察が大切であります。対面診療とオンラインでの遠隔診療を組み合わせれば、これを無理なく効果的に受けられるようになります。こうした新しい医療を次の診療報酬改定でしっかり評価いたします。

http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/actions/201704/14mirai_toshi.html

お問い合わせはこちらから
デモ版もご用意できます

カスタマイズやご予算など、お気軽にお問い合わせください。
電子カルテシステム「ドクターアシスト」の事だけではなく、それ以外のご依頼なども受け付けております。

電子カルテシステム ドクターアシストページTOPへ

© 2016-2017 "KAIGANSEN Co., Ltd."
All rights reserved.Never reproduce or republicate without written permission.